自律神経失調症

金沢市、野々市市の整体 自律神経失調症を根本改善

☆ 自律神経失調症で悩んでいるあなたに ☆

あなたは次のような症状で悩んでいらっしゃいませんか?

めまいがする ふわふわした感じがする
息苦しい 過呼吸になる
眠りが浅い
不安感やイライラがある
緊張するようなところではないのにドキドキする 動悸がする
冷や汗が出る
耳鳴りがする
生理不順がある

自律神経失調症 これらは自律神経失調症で当院に来られる患者さまの悲痛な訴えです。

無痛整体 らくらく堂には、このような症状でお悩みの方が多数来院されます。

そして皆さん、共通しておっしゃるのが、
「病院に行ったけど、薬(睡眠導入剤・抗不安薬)を出されるだけで、良くなっているようには思えない」
ということです。


はじめまして。
無痛整体 らくらく堂の院長、宮崎護です。

当院は無痛自然整体を行っております。

無痛自然整体とは、
「心と身体の緊張を解き、自律神経のバランスを取り戻し、
身体が本来持つ力を引き出す」
療法のことです。

そのため、自律神経失調症と診断され、
お薬を服用してもいっこうに改善しなかった方々が、
当院の無痛自然整体により改善しています。

薬か?‥諦めるか?‥
それ以外にも選択肢があることを、
あなたに知っていただきたくて、この文章を書いています。

きっとお役に立てると思います。



自律神経失調症とは?

自律神経失調症とは、その名が示すとおり
自律神経が調子を崩したとき、言い換えると、
自律神経のバランスが崩れたときに起こる症状のことを言います。

まず、自律神経について理解しておきましょう。
身体の中に張りめぐらされている神経には、次の三種類があります。
知覚神経 … 信号を伝えるための神経
運動神経 … 動きを指令するための神経
自律神経 … 身体を自動操縦するための神経

この内、自律神経には交感神経と副交感神経の二種類があります。
交感神経は、活動するための神経です。
副交感神経は、休息するための神経です。

通常この二者はシーソーの関係にあります。

どういうことかと言いますと、
交感神経が活発に働くと、副交感神経の働きが抑えられる

逆に
副交感神経が活発に働くと、交感神経の働きが抑えられる
ということです。

この二つの神経のバランスが整っているときは、
身体のさまざまな器官の働きや自然治癒力の働きが
円滑に行われます。

しかし、二つの神経のバランスが崩れると、先に挙げたような
さまざまな不調が起こると考えられています。

現代人は、間違った生活習慣やストレスにより、
交感神経と副交感神経のバランスを大きく崩している人が多いです。

そのため、身体や心にさまざまな不調が現れるのです。
これが一般的に自律神経失調症と呼ばれている症状です。



当院の自律神経失調症-改善プログラム

自律神経失調症改善プログラム 自律神経失調症の人は、ストレスにより交感神経が優位になり、副交感神経が極度に抑えられています。

そのため治療法としては、気持ち良くゆらゆらされながらの優しい手法により、余分な緊張を解消し、身体の芯から安心感を与え、副交感神経の働きを取り戻していきます。

無痛整体 らくらく堂の自律神経失調症-改善プログラム
蒸しタオルで延髄を中心に首全体を温めます。
全身の緊張を弛めて身体を自然な状態に近づけます。
同時に身体の歪みやねじれを取って全身のバランスを整えます。
神門という耳のポイントに軽く触れ、自律神経を整えます。
さらに、波動共鳴法により自律神経のバランスを取り戻していきます。

徐々に呼吸が深くなり、視界が広がり、
気分もスッキリしてまいります。



自律神経を整えるための生活習慣

無痛自然整体による治療を受けた上で、
次にご紹介するような生活習慣の改善を行うと更に効果的です。

1.ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

ぬるめ(体温+4°)のお風呂にゆっくりつかりましょう。
そうすることにより副交感神経が優位になり、リラックスできます。

2.毎朝、体内時計をリセットする

活動するときと休息するときのメリハリをつけると、
自律神経は安定します。

そのために、朝起きたらまず太陽の光(紫外線)を浴びましょう。

そうすることにより体内時計がリセットされ、
メリハリのある生活がし易くなります。

3.適度な運動をする

身体が緊張状態にあると、自律神経が乱れます。
適度な運動は身体の緊張をゆるめます。

朝の新鮮な空気を胸いっぱいに吸いながら、
ウォーキングなどを心がけましょう。

4.食生活に気を配る

自律神経失調症にはビタミンA・B・Eを
多く含む野菜を摂ることが効果的です。

又、ショウガやウコンなどの地下茎類のハーブは、ストレスで
縮んだ血管を拡張させ、自律神経を整える働きがあります。

5.食べてすぐに寝ない

食べてすぐに寝てしまうと、交感神経が優位な状態で
眠ることになり、自律神経の乱れにつながります。

ですから、食べた後3時間以上空けてから寝るようにしましょう。

6.ストレスがあることを自覚する

どういうことが重なると自分はストレスを感じやすいのかなど、
自分自身を客観的にとらえられると、逆にストレスは半減します。



自律神経失調症が改善した患者さんの喜びの声

※ 効果には個人差があります
「無痛整体を選んで正解でした」
30代女性、金沢市

仕事が変わってからストレスのためか
肩こりと偏頭痛に悩まされていました。

最近では立ちくらみというか、常にフワフワした感じが
していて、こんな状態がまた起こったらと思うと、
外出もおっくうになっていました。

同じ職場の友人から
「それって、自律神経失調症じゃないの?」と言われ、
ネットでいろいろ調べているうちに無痛整体にたどり着きました。

肩こりは1回で軽くなり、「良くなるかも」
と指導されたとおり生活改善もして、通うことにしました。
5回の施術でほとんどの症状が起こらなくなり良かったです。

<院長よりひとこと>
ふわふわ感など、なかなか他人には分かってもらえない、
つらい症状が改善できて良かったですね。

生活改善にもしっかり取り組まれた結果だと思います。
お伝えしたストレス対策も、ぜひ続けてみてくださいね。
もし体調が悪くなりましたら、いつでもご連絡ください。


「こちらに落ち着きました」
20代女性、津幡町

津幡町から通っています。
首凝りと頭痛とめまいがひどく、不安になったり
イライラしたりしてどうしようもなく、
ネットで検索したのがきっかけです。

あちこちと治療してくれるところをジプシーしていましたが、
結局こちらに落ち着きました。

はじめて施術を受けたとき、自分でも分かるほど緊張が解け、
肩がらくになったのが印象的でした!

何回か通っているうちに、めまいも頭痛も
気がついたら無くなっていました。

店内は明るく広くて、先生は体調についても
じっくり聞いてくださるので本当に感謝しています。

<院長よりひとこと>
いわゆる自律神経失調症の症状でしたが、
元気になられて本当に良かったですね。

自律神経失調症というのは、ストレスに対して自律神経が
体を守ろうと防御反応を起こして発症する症状です。

ですからストレスをため込まないように
生活習慣を改善することが大切です。

お渡しした「自律神経を整えるための生活習慣」
というプリントを参考に、自律神経のバランスを崩さない
生活習慣を心がけましょう。



電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ