椎間板ヘルニア

金沢市、野々市市の整体 手術によらないヘルニア治療

椎間板ヘルニア 当院には次のような方々が多く来院されています。

整形外科で「椎間板ヘルニア」と診断されたが、
  できれば手術はしたくない。
病院でけん引をしてもらっているが、
  すぐに元に戻ってしまう。
シップと薬で「ようすを見ましょう」と言われている。

皆さんが共通しておっしゃるのは、
「どこに行っても、なかなか改善しなかった」
「でも手術はしたくない」
ということです。

当院は、このような患者さんのための整体院です。
体操や運動療法で椎間板ヘルニアを改善させます。



椎間板ヘルニアとは

ヘルニアとは、ドイツ語で「飛び出す」という意味です。
椎間板とは、背骨と背骨の間にある「クッション材」のことです。

つまり椎間板ヘルニアとは、
背骨と背骨の間にあるクッション材が、何らかの理由で飛び出してしまう症状
のことを言います。

では、どういう理由で椎間板(クッション材)が
飛び出してしまうのでしょう?

それは負担のかかる悪い姿勢や動作により、
背骨のバランスが崩れるためと考えられています。

そのため椎間板が圧迫され、疲労し傷つき、
中の髄核(クッションの芯)が飛び出してしまうのです。

これが首で起こった場合は「頚椎椎間板ヘルニア」、
腰で起こった場合は「腰椎椎間板ヘルニア」と言います。
(ここでは「腰椎椎間板ヘルニア」に限定して、話を進めていきます)

飛び出した椎間板は、周囲の神経を圧迫するため、
以下のような症状が発生します。

腰椎椎間板ヘルニアの代表的な症状
腰が痛む
身体が自然と傾く
お尻、太もも後ろ側、ふくらはぎ、かかと等がしびれる
立っていたり、イスに腰をかけていたりするのがつらく、横になっていると割りと楽


椎間板ヘルニアは手術で改善するか?

では、椎間板ヘルニアは手術で改善するでしょうか?
結論から申しますと、

「改善する場合もあれば、改善しない場合もある」

ということになります。

改善した場合でも、その後に再発するケースが多いというのが、
残念ながら実情のようです。

ではなぜ再発が多いのでしょう?

それは、手術で飛び出たヘルニアを切除したとしても、
背骨がバランスを崩す原因である「筋肉の疲労と硬直」、
更にそれを引き起こす間違った「生活習慣」は
改善されないまま残るからです。

具体例をあげて説明しますと、
腰への負担の大きい介護などの仕事を長年続けてこられ、
それが原因で腰の筋肉が硬直し、その結果として
椎間板ヘルニアが発症したとします。

このような人が、飛び出たヘルニアを手術で除去し
痛みがなくなったとしても、同じ生活を続けて行く限り、
その後再び筋肉の疲労と硬直は溜まっていくことになります。

その結果、何年か後に、
再びヘルニアが再発する可能性が出てくる訳です。



椎間板ヘルニアの根本的治療法とは?

では、椎間板ヘルニアを根本から改善し、
その後再発しないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

それには、椎間板ヘルニアの大元の原因である
「筋肉の疲労と硬直」を改善し、腰に負担のかかりづらい
「生活習慣」を身につけることです。

このことは、是非しっかりと理解していただきたいと思います。



手術をしようかどうか、迷っているあなたへ

例え同じ大きさのヘルニアがあったとしても、

筋肉が柔らかい人は、それほど痛まない
筋肉が硬直している人は、激痛が走る

と言われています。

これは何を意味しているかと言いますと、

「ヘルニアが神経に障るのを、筋肉の柔らかさが吸収してくれている」
という事実を物語っています。

たとえ、レントゲンなどでヘルニアの存在が確認できたとしても、
ガチガチになっている筋肉をゆるめることで、
痛みが緩和することはじゅうぶん考えられます。

さらに自然に治ることはあり得ないと信じられている
ヘルニアですが、筋肉がゆるみ血液の循環が良くなることで
自然治癒し、本来の形状に戻ってしまうことも確認されています。

ですから、危険が伴う「手術」という選択は急がず、
まずは硬直した筋肉をゆるめることに専念するべき、
というのが当院の考え方です。

また、手術でヘルニアを切除した方には、
再びヘルニアが発症することがないよう、
筋肉をゆるめることと、生活習慣の改善をお勧めしております。



当院の椎間板ヘルニア-改善プログラム

腰椎椎間板ヘルニアを根本的に解決するには、
筋肉の疲労と硬直を改善し、背骨のバランスを整えること
生活習慣の改善をすること
が必要です。

これが、腰椎椎間板ヘルニアの再発防止にもなります。

無痛整体 らくらく堂の椎間板ヘルニア-改善プログラム
全身の緊張を弛め、身体を自然な状態に近づける。
身体の歪みやねじれを取り、全身のバランスを整える。
椎間板を圧迫している脊柱を自然な状態へと整える。
つぶれた椎間板が回復するようにアプローチする。

椎間板ヘルニア 無痛自然整体は、気持ち良くゆらゆらされながらの優しい手法ですから、
全く安心で安全です。



生活面での注意点

1、じゅうぶんな睡眠

睡眠時間は通常は6時間で足ります。
しかし椎間板ヘルニアなどを改善させるためには、
8時間の睡眠が必要です。

それが難しい場合でも、少なくとも
プラス1時間の睡眠は必ず確保しましょう。

これが早期回復の決め手となります。


2、昼寝をする(身体を横にして休める)

なお、どうしても睡眠時間の確保が難しい場合には、
昼寝をお勧めいたします。

この場合、眠らなくても横になっているだけで、
椎間板に圧力がかからず、腰への負担を軽くすることができます。

なので、5分でも昼寝をすることをお勧めいたします。

できれば、腰への負担が蓄積されている午後から
夕方にかけての時間帯が有効です。


3、ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

ぬるめのお風呂でゆっくりと身体を温めるようにしましょう。
そうすることで筋肉の緊張がゆるみ、血行が良くなります。

一日に2~3回入浴すると、回復力がグンとアップします。



椎間板ヘルニアが改善した患者さんの喜びの声

「沖野さんの症例」
40代男性、加賀市 (院長代筆)

沖野さんは3年ほど前に、右脚がしびれるようになり、
整形外科でMRI検査を受けたところ、
腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

コルセットをし、鎮痛剤を服用することで痛みは治まり、
その後小康状態を保っていました。

ところが1ヶ月ほど前から腰痛を感じるようになり、
先週、仕事中に右脚にシビレと強い痛みを感じ、
当院に来院されました。

全身の筋肉がかなり緊張ぎみでしたので、
まず全身のこわばりをゆるめ、その後骨盤のゆがみを
調整したところ、痛みはかなり減ったようでした。

その後、3回ほどの施術で背骨のバランスが整い、
痛みはほぼ消失しました。

現在は定期的なメンテナンスと、
生活習慣の改善に取り組まれています。

「28年ぶりに・・・」
70代女性、富山市

私はお医者さまから腰椎すべり症と診断され、
慢性的な腰痛と膝の痛みで悩んでいました。

ブロック注射をしてもらっても、一時だけ痛みが
無くなるだけで、なかなか良くなりませんでした。

そんな時、お友だちの紹介で宮崎先生を知り、
施術を受けることになりました。

すると、それまで私は腰痛のため仰向けに
寝ることが出来なかったのですが、
施術後は腰がだいぶ楽になり、
仰向けに寝ることが出来るようになりました。

そして翌日は身体が若いころに戻ったように軽くなり、
本当に驚きました。

3度目の施術の後は、
膝の痛みが無くなっていることに気がつきました。

「もしかしたら?!」と思い、和式便所を使ってみました。
そしたら痛みもなく使うことができました。

痛みのためにずっと洋式便所ばかりを使っていたのですが、
なんと28年ぶりに和式便所が使えるようになったのです!

今はすっかり痛みが無くなり元気になり、毎朝散歩をしております。
こんなに短期間によくしていただいて、本当に感謝しております。

※ 効果には個人差があります


電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ